« 2014年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年2月

2016年2月16日 (火)

ガルパンあんこう踊りスーツ製作まとめ(その4)

前回、前後身頃を肩で縫い繋ぎました。今回ファスナーを衿先まで引き上げるため、先に襟を付けちゃいます。
14556234202800
襟の長さを測って表裏2枚の生地を切り出します。
14556234564050
衿を縫い付けます。ここから曲線になるので、ちと慣れが必要です。
14556234853930
出来ました!
14556235356890
次にファスナーです。ジャージは伸びるので、縫う前に伸び止めテープをアイロンで接着します。
14556235730550
14556236105930
まず裏から、そのあと裏返して表からファスナーを縫い付けます。ロングファスナーなので、気合い入れて一気に!
14556236590780
次に袖です。肩に繋がる部分を先に縫います。
14556236843240
ひっくり返すとこんな感じです。
14556237565150
写真は表になってますが、裏返して袖の先から足首まで一気に縫い繋ぎます。長いので集中力が必要です。左右同じように縫い上げたら、足首から股上を経由、反対側の足首までこれも一気に~。これで一通り形になります。
14556237786500
袖口の処理も忘れずに!
14556238207970
最後のパーツ、手ヒレです。手の入る穴にはゴムを延ばしながら縫ってギャザーを寄せます。
14556238335440
立体感も出ますしね!
14556238516960
周囲を縫い合わせて裏返したら、自分の手を入れて、指の間にヒレの線をミシンで縫えば出来上がりです、

ということで、一通りの製作写真を紹介してみました。細かいところは、ミシンの入門書等を読むと書いてあるので勉強してみてください。1着より2着、数こなすことが上達の基本です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月14日 (日)

ガルパンあんこう踊りスーツ製作まとめ(その3)

さて、いよいよスーツ本体の各パーツを繋げていくのですが、おっと、その前に足と尻ヒレを忘れていました。
14537283409780
例によって、型紙を作って布地に型を写していきます。最近は水に濡らすと消える水性のチャコペンがあるので、よく使います。布地に写したら、ロータリーカッターで切り抜きます。
14537283530820
2枚切り抜きます。
14537283729560
2枚を縫い合わせたら、ひっくり返します。
14537283838040
ヒレの筋と補強のため周囲を表から縫い合わせて尻ヒレの出来上がりです。
14533862127380
足ヒレも同じ手順で仕上げます。
14538170855566
後ろ身頃に尻ヒレを挟んで左右合わせて縫い上げます。
14538170768995
前見後の下半身の左右を縫い合わせます。
14538170564553_2
前身頃の上半身よ下半身を縫い合わせます。
14538170472682
前身頃と後ろ身頃を縫い終わったら、まず両肩を縫い合わせます。
14538170277770
14538170378031
ここまでできたらハンガーに掛けてみてください、なんとなく形が見えてきます。

今回はここまで。次回は袖、ファスナー、襟を付けていきます。お楽しみに。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月13日 (土)

ガルパンあんこう踊りスーツ製作まとめ(その2)

今回はあんこう踊りスーツ本体のツナギ部の製作です。ツナギ服の型紙はネットで無料のものが入手できますが、どれも余裕のあるカットで、全身タイツ風にするにはかなり切り詰める必要があります。何回か仮組して、自分に合うラインを見つけ出してみてください。ここをさぼると体にフィットしない野暮ったいシルエットになってしまいます。
14533028685840
これは後ろ身頃です。後ろ身頃は背中にファスナーが付くので肩から足首まで半身がつながります。これを2枚切り出します。
14529478336750
前身頃の型紙です。前はファスナーが付かないので左右一体の一枚もので切り出します。
14533028929060
14533028809020
これが全体のパーツです。あと衿が別につきます。

今回は、ここまで。次回はこのパーツを縫って組み立てていきます。お楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月11日 (木)

ガルパンあんこう踊りスーツ製作まとめ(その1)

2016/2/7に参加した大洗サンビーチマイルレースで着用すべく製作したあんこう踊りスーツの製作について、全身タイツの基本dとおもうのでココに残すことにしました。
1.帽体
  あんこうの帽体はしっかりとした形を持たないと触角が落ち着かないので自転車のヘルメットを使用することにしました。これだと軽いし通気性もよくマラソンを走ってもずれることがありません。
14530123179231
使用したのはBELL Citiです。ミニベロでポタリングするのに購入していたものです。
14530419758770
まずこのヘルメットのカバーを作ることであんこうの頭が出来上がります。基本は帽子を作る要領です、これにヒレと帽体の裾を閉じるためのゴム通し用のパーツを切り出します。
14530351536080
ヒレです。ダイソーのフェルトにミシン糸で模様を付けています。
14530400981620
これらを縫い合わせると、ベースが出来上がります。
14531188790980_2
14531211162570
ヘルメットに被せて目の位置を決めたら、一旦ヘルメットから剥がして、切り出したフェルトで作った目を縫い付けます。
14531243295860
ヘルメットの裏はこんな感じです。
14532119203120
次に触角を固定するベースを作ります。ダイソーで防音マットと言うのを買ってきました。洗濯機の下に敷くベースらしいです。カッターで切ってヘルメットの通気口に合わせます。
14532119360530
14532119486800
これを、ヘルメットの内側から嵌め込んで、キリで穴をあけて、ヘルメットに固定します。ここに触角に使う田宮のプラ棒w差し込めば揺れる触角が出来上がります。触角のRはお湯で煮れば簡単に曲げることができます。
14532119598240
取り付ける前に着色です。丸いのは発砲スチロールの玉です。
14532119704490
出来上がりです。現状、触角のベースへはプラ棒を差し込んだ後、瞬間接着剤で固定しています。

と言うことで、今回はあんこう踊りスーツの帽体の製作を纏めてみました。注意する点は、帽体のカバーの大きさです。裾がぴったりになるように実際の寸法を測って試作して正確に作らないと緩くなって格好悪くなります。
尚、素材は、キャラヌノで購入したポリエステルジャージを用いました。2Wayに伸びる生地でないとカバーは難しいです。
では次回は、全身タイツについて纏めてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2016年9月 »