« SONY Walkman M505のクリップをプチ改造する | トップページ | ガルパンあんこう踊りスーツ製作まとめ(その2) »

2016年2月11日 (木)

ガルパンあんこう踊りスーツ製作まとめ(その1)

2016/2/7に参加した大洗サンビーチマイルレースで着用すべく製作したあんこう踊りスーツの製作について、全身タイツの基本dとおもうのでココに残すことにしました。
1.帽体
  あんこうの帽体はしっかりとした形を持たないと触角が落ち着かないので自転車のヘルメットを使用することにしました。これだと軽いし通気性もよくマラソンを走ってもずれることがありません。
14530123179231
使用したのはBELL Citiです。ミニベロでポタリングするのに購入していたものです。
14530419758770
まずこのヘルメットのカバーを作ることであんこうの頭が出来上がります。基本は帽子を作る要領です、これにヒレと帽体の裾を閉じるためのゴム通し用のパーツを切り出します。
14530351536080
ヒレです。ダイソーのフェルトにミシン糸で模様を付けています。
14530400981620
これらを縫い合わせると、ベースが出来上がります。
14531188790980_2
14531211162570
ヘルメットに被せて目の位置を決めたら、一旦ヘルメットから剥がして、切り出したフェルトで作った目を縫い付けます。
14531243295860
ヘルメットの裏はこんな感じです。
14532119203120
次に触角を固定するベースを作ります。ダイソーで防音マットと言うのを買ってきました。洗濯機の下に敷くベースらしいです。カッターで切ってヘルメットの通気口に合わせます。
14532119360530
14532119486800
これを、ヘルメットの内側から嵌め込んで、キリで穴をあけて、ヘルメットに固定します。ここに触角に使う田宮のプラ棒w差し込めば揺れる触角が出来上がります。触角のRはお湯で煮れば簡単に曲げることができます。
14532119598240
取り付ける前に着色です。丸いのは発砲スチロールの玉です。
14532119704490
出来上がりです。現状、触角のベースへはプラ棒を差し込んだ後、瞬間接着剤で固定しています。

と言うことで、今回はあんこう踊りスーツの帽体の製作を纏めてみました。注意する点は、帽体のカバーの大きさです。裾がぴったりになるように実際の寸法を測って試作して正確に作らないと緩くなって格好悪くなります。
尚、素材は、キャラヌノで購入したポリエステルジャージを用いました。2Wayに伸びる生地でないとカバーは難しいです。
では次回は、全身タイツについて纏めてみたいと思います。

|

« SONY Walkman M505のクリップをプチ改造する | トップページ | ガルパンあんこう踊りスーツ製作まとめ(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158422/63197369

この記事へのトラックバック一覧です: ガルパンあんこう踊りスーツ製作まとめ(その1):

« SONY Walkman M505のクリップをプチ改造する | トップページ | ガルパンあんこう踊りスーツ製作まとめ(その2) »