« 壁紙の補修と外壁の割れ修復 | トップページ | DAHON DashP18で峠ポタと洗車と »

2013年6月29日 (土)

ユニットバスの天井埋込形換気扇交換

最近、ユニットバスの天井埋込形換気扇がえらく大きな音を出すようになりまして、そろそろ寿命かなぁということで、交換することにしました。実は、6-7年前にも、交換していて今回が2度目の工事になります。
今回は、なるべく低騒音のもので且つ低価格なものを探し、パナソニックのFY-17C6Uを楽天でポチリマシタ。10倍ポイントセール&送料無料で実質5K円程度でゲットです。

それでは工事ということで、ユニットバスの天井にあるメンテ用の穴から天井裏へ!
Dsc02081
こいつが、壊れかけの天井の天井埋込形換気扇です。
Dsc02085
見えにくいですが、FANに色々とカビやらノロが付着しています
Dsc02090
旧FANのブレーカーを落とし、安全を確認したら、天井裏に入り、廃棄ダクトパイプと旧FANを解体、配線を外したら、バスルーム側から木ネジを外して取り外します。そのあと、新FANのダクトアダプターとパイプをダクト用テープで接続します。
Dsc02092
ダクトアダプターの施工が終了したら本体をバスルーム側から挿入して天井にネジ止めするわけなんですが、このときアクシデントが発生しました。写真みるとわかると思いますが、余計な金具が左手前にあるでしょ?実はFANをネジ止めしようとしたら、FAN固定用の木枠のボンドが外れて天井から剥がれちゃったんですよ。そこで、外れた木枠をボンドで接着して、乾くの待つ暇がなかったので、手持ちの金具で木枠を壁に押さえつけてFANをネジ止めしました(汗)
Dsc02095
そんなこんなで、最後にルーバーを付けて終了。少々手間取りましたが、動作音も大変静かになり快適なバスタイムを過ごすことができました。

お付き合いありがとうございました。










|

« 壁紙の補修と外壁の割れ修復 | トップページ | DAHON DashP18で峠ポタと洗車と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158422/57690537

この記事へのトラックバック一覧です: ユニットバスの天井埋込形換気扇交換:

« 壁紙の補修と外壁の割れ修復 | トップページ | DAHON DashP18で峠ポタと洗車と »