« IO-DATA USB-WSIMを試す | トップページ | ユニクロ「スティーロントートバッグ 」レビュー »

2008年8月 7日 (木)

New Balance アクティブベンチレーションシステムを試す

大洗リゾートアウトレットでしばらく前に買い置きしていたニューバランスのMW780BEEだが、そろそろ活躍時期と思い履いてみることにしたので簡単にレポートする。

Img_0660

見かけはベージュのスエード生地で撥水加工が施されているが、夏向けならナイロンメッシュのほうがいいのではないかと思う。しかし、タウンウォーキング用シューズなのでこれでよいのであろう。履いて歩いてみるとホールド感もよく、軽い!ソールのクッションはやわらか過ぎなような気もするが、ふわっとした感覚で、硬い路面では疲れないと思う。

Img_0662

このシューズの特徴はソールに仕込まれたNVENTシステム。アクティブベンチレーションとかいうらしいが、簡単に言えば靴底に穴が開いているってこと。

Img_0663_2

つま先と土踏まずにでっかい穴!!これは涼しそうです。しかしただのメッシュ素材が貼り付けてあるだけなので水はどんどん浸入しますので雨天は履けない罠。天候には要注意です。

Img_0664

インソールを外して透かしてみるとこんな感じです。実際履いてみるとインソールが間に入るのでめちゃめちゃ涼しいという感覚はありませんでしたが、なんとなく空気が行き来している感覚は感じました。まだ少ししか履いていませんが、長時間履き続けたときの蒸れは少ないのではないでしょうか?この靴、もうカタログ落ちしているようですが、型番で検索すると、ベンチレーション用の穴が小さくなって、透湿フィルムが貼ってあり雨の進入を防ぐモデルがでているようです。涼しさは半減しそうですが(^^;

|

« IO-DATA USB-WSIMを試す | トップページ | ユニクロ「スティーロントートバッグ 」レビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158422/42099491

この記事へのトラックバック一覧です: New Balance アクティブベンチレーションシステムを試す:

« IO-DATA USB-WSIMを試す | トップページ | ユニクロ「スティーロントートバッグ 」レビュー »