« 最近はPodcast聴くことが多くなりました | トップページ | sonictunes »

2008年5月25日 (日)

地デジ環境で最近気になるもの

待っていたダビング10も何か予定通りに開始されないような雲行きですがそんな中、「地デジをアナログで録画して楽しんでしまえ!」というちょっと後退はしているけれどそれで十分でないかという製品がでてきました。

まず録画機器の「ビデオレコーディングクレードル  VRC-NW10」19800円

Vrcnw10_2

SONYのネットワークウォークマンのオプションです。録画端子はアナログのコンポジット端子になるのですが、A900,A800シリーズをクレードルに載せることでウォークマンのメモリに地デジの映像を録画することが出来る物です。地デジだとコピーガードが掛かっていて録画できなさそうですが、映像信号はアナログなのでお構いなしって事みたいです。さらに、録画したデータは制限無くコピー、バックアップ可能。ビデオ圧縮形式は以下

ビデオ形式:MPEG-4 AVC(H.264/AVC)
画角:QVGA(320×240)
画質モード:H:768/M:512/L:256kbps
フレームレート:30fps
音声:AAC-LC 48,000Hz/128kbps固定

次に映像ソースを供給するためのチューナですが

IODATAの地デジチューナ「HVT-T100」15700円

Hvt100

5/30頃発売予定ですが実売12800円程度の地デジチューナです。EPGで視聴予約が出来るので、VRC-NW10と組み合わせるとちょっとした地デジ録画システムが出来上がります。

流石に大画面で楽しむと言った用途ではありませんが、ちょとしたライブラリをウォークマンやPCで楽しむのにはよいのではないでしょうか。ネックなのはVRC-NW10とウォークマンを組み合わせないと録画できないことですね。メモステ等のメモリカードが使えれば最高なんですが。。。

|

« 最近はPodcast聴くことが多くなりました | トップページ | sonictunes »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158422/41312750

この記事へのトラックバック一覧です: 地デジ環境で最近気になるもの:

« 最近はPodcast聴くことが多くなりました | トップページ | sonictunes »