« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月31日 (水)

akkiの特撮5分間トーク「キューティーハニー実写版5話」

ブルーブラックなハニー出たー!ばかっぷりなパンツ丸出しレッドハニーとは正反対なクールで秘密めいた早乙女ミキ。暴力シーンも深夜枠なためか痛々しい演出で結構真に迫った演技でした。やや脱力していたのですが今回は好感度アップです。だがしかし来週はメイドさんでだめかも!?

-----------------
sent from W-ZERO3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チロルチョコ「いちご大福」

チロルチョコ「いちご大福」
最近チロルついています(^o^)
今日は「いちご大福」、味ですが、いちごチョコはアポロチョコのいちご味と変わらないのでどうも新鮮味がありません、これに大福もち風のグミが加わるわけですが、きなこ餅ほどの驚きはありませんでした。、どうもチョコがグミの味を食ってしまっているようで、個人的にはちょっと残念賞。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

akkiのアニメ5分間トーク「今週のスケッチブック」

今回は、野良猫の視点で描いたお話。猫話は他でもいろいろあるのだけど、餌を誰にねだるのかという見極めがいかに重要なのかを思い知らされた。生き延びるためには皆必死なんだなぁ(笑い

-----------------
sent from W-ZERO3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月30日 (火)

チロルチョコ 京きなこ 黒みつ仕立て

チロルチョコ 京きなこ 黒みつ仕立て
冬季限定きなこもちの、京きなこ使用ぷれみあむバージョン。きなこともちグミと黒みつの見事なハーモニーが口の中で広がる。これはうまい!また買ってこよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実写版ネギま!?でWebラジオ始まってた

麻帆良学園Web放送室で、ざ・まほらNEWS!と、ちうの☆ぴょんぴょんRADIO SHOW!の2つのWebラジオが配信されているのを今頃発見しました。まぁ声優さんラジオでもないのですが、実写版みて興味がわいたら聴いてみるのがよいかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月29日 (月)

akkiの特撮昼休みトーク「ネギま!?実写版4話続き」

突然だが、ネギま!?実写版はハイビジョンで且つ40型以上の大画面で見るべきだと強く断言したい。いやーなにげに最初ワンセグで見ていたのですが、昨夜TSモード録画のものを見て驚愕した。ソックスのワンポイントのマークまで統一しているではないですか、この仕事の細かさはスゴい。パクティオーの話もでてきたし、そろそろ仮契約しまくりなんでしょうか?その付箋は車中の木乃香と刹那で表現されております。(いやー下手なAVよりドキドキしてしまいました(汗))変身シーンなんかもあるといいなぁ。
そうそう、最近気づいたのですが、実写版では高等部に変更されていたんですね、制作側の中の人も流石に中等部は無理と思ったのかな?

-----------------
sent from W-ZERO3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

akkiのアニメ実写ドラマ5分間トーク「ネギま!?実写版4話」

木乃香と刹那の深いラブストーリ。木乃香のお見合いを阻止したい自分の本当の気持ちと自分にかせられた使命との葛藤に苦しむ刹那が可愛い。
この実写ドラマ、結構叩かれてますが、今回の話は良かったですね。木乃香と刹那の配役はドンピシャリではないでしょうか。というか、次第に役者も役作りになれてきたというか自然な感じになってきました。ロケもしっかりしていますし今回はいうことなしです。しかし、刹那には魔法はバレてもいいんですか?ネギ先生。。。

-----------------
sent from W-ZERO3

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月28日 (日)

akkiのアニメ5分間トーク「しおんの王3話」

しおんに付きまとっていたストーカーは無事逮捕されるが、脅迫状を送った犯人は別人らしく真打ちはこれからって感じ。つーか、黒い奴らは誰かバレバレだけど。しおんはメンタルに打撃を受けながらも将棋の試合に出場します。展開的には重苦しい演出ですが、業界の黒いところをうまくネタにしているのかな、次回の展開が気になりますね。

-----------------
sent from W-ZERO3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホップ研究所?

ホップ研究所?
ネタに貰ったサッポロの緑茶「ホップ研究所」かなり味が微妙とか聞いたのだが勇気を出して飲んでみた。思ったより緑茶していると感じたのだが、後味にビールに似たホップの味が残ってきます。これがわりと口の中に残りますね。うーん確かに微妙かも。これって、もう今は廃盤になっているらしいけど、まぁうなづける気がした。お勧めは、、、無理だね(笑い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

akkiのアニメ5分間トーク「しゅごキャラ4話」

わりと内面的なお話作りで、本音と立て前を子供向けにうまく作ってきました。親の期待をイッパイ抱え込んで留学しちゃうユキ。優等生だけどやっぱり内面に怯える自分を抱えているビビりキャラ。「あなたは出来る子だから」メンタルに一番厳しい台詞に押しつぶされて、×玉を生み出しちゃう。でもでも、本当の自分は自分で気づかなきゃだめなんだよね、なんてアムに勇気づけられて事なきを得る。でもなぁ、アムをジョーカーに祭りたてるのはいいが、ガーディアン達、他力本願でないかい?なんか「5人揃って」と言うわけでなく一人切り札にされてると言うことに違和感を感じた。まぁこれもネタふりなんでしょうか?

-----------------
sent from W-ZERO3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

akkiのアニメ5分間トーク「しゅごキャラ3話」

絵的には今一なんだけど、ナデシコのキャラチェンジには笑った。と思ったら、王子さま世界征服が夢ですか!?ガーディアンってオモロイ奴らばかり、こいつら結構面白いかも。どんどん好感度がアップしますねこのアニメ。あ、そうそう今回は3匹目のしゅごキャラ”スゥ”が登場なんですが、ガーディアンの方が面白くてしゅごキャラが目立ってないような。。。まぁ、しゅごキャラのおかげでガーディアン達の性格が変わっちゃう訳なんですが予想外の展開が多くて飽きません。

-----------------
sent from W-ZERO3

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月26日 (金)

茅原実里Contact その2

1曲目のアルバムタイトル曲”Contact”から2曲目の”詩人の旅”までの繋がりが、かっこいいですねー、アルバムならではの選曲で、お気に入り。もう何回もリピートしてます。
3曲目”ふたりのリフレクション”前曲でちょいと熱くなったあとにちょっとアップテンポ気味だけど素直で心地よい感じの曲ですね、ここでちょっと落ち着いたあとに、
4曲めの純白サンクチュアリでまたぐっと熱くなります。いいですねぇ、ここまでは文句なし!買ってよかった。
以降はまたあとで(^o^) (あまり感想になってませんが。。。)

-----------------
sent from W-ZERO3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茅原実里 Contact その1

昨夜、ざくっと全曲聴き流し、今朝も通勤中に鑑賞。まだまだ聴き込めていません。非常に中身のぎゅっと詰まったアルバムですね。3週ほど前に実里さんのWebラジオでセルフライナーノーツを語られていましたが、もう一度あわせて聴き込みたいと思います。
 自分的には、この方声優やっているよりやっぱ、歌手として本業を貫いた方が良いような気がします。

-----------------
sent from W-ZERO3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

茅原実里 NEW ALBUM Contact

茅原実里 NEW ALBUM Contact
今日届きました。これから開封して視聴します。感想は後ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

任天堂、DS/DS Lite用ワンセグを11月20日発売

発表されてから早1年でしょうか。。。ようやくDS/DS Lite用ワンセグユニットが発売のようです。価格は6800円だそうで、まぁ気楽に見るのに買っておこうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

akkiのアニメ5分間トーク「しゅごキャラ2話」

魔法少女物の王道だやなぁーと思いつつツイツイ見ている自分に絶望(笑)
一言でいえば、一人プリキュア風のハイテンション魔法コスプレアニメ。この手の作品ではお約束の小動物(この作品では妖精風のしゅごキャラと呼ばれる)が一人に3匹まとわりついていて、主人公の意図に反して意外性をもったイベントを起こしまくり、キャラナリに変身してこの爆弾処理をこなすことによって主人公が成長していく。いやーなんてお約束の安心世界。こういうのもいいやね。基本的には”こころのたまご”を×たまごにしちゃいけないようで、作品的には、マイメロとそう変わらないのかもしれない。「お・ね・が・い」(爆)

-----------------
sent from W-ZERO3

| | コメント (0) | トラックバック (1)

akkiのアニメ5分間トーク「今週のドラゴノーツ」

いまだ、展開がよくわからず置いてけぼりな感じで見てます(笑)
とりあえずドラゴンと人間の関係の鍵を月に行っちゃったトワが握っているのでしょうか?なーんかキャラがあまり立っていなくて見ていてしんどいです。今一乗れないなぁ。

-----------------
sent from W-ZERO3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

akkiの特撮昼休みトーク「今週のキューティハニー実写版、他」

キューティハニー実写版
 先週からシリアスな展開になり話的には良くなってはきたが何故かそれほどワクワク感を感じないのは、かつて見た作品の作り直しだからか?映像技術の進化だけでは個人的な感動レベルの限界の壁を越えないようである。もっとオリジナリティー溢れる作品を期待しすぎているのだろうか?映像的には不満はあまり感じないことは確か。けれど、全体的に軽薄感が全面に出過ぎていてパンサークローの毒々しさが感じられない。もっとこう、どす黒い演出を期待したい。

ウルトラセブンX
 先週は、ようやくロケ撮影があったが、なんとも制作費節減が目に見えてわかってしまい悲しい次第だ。若干ながら異星人が破壊兵器のようなものを市民にうまい仕事とと持ちかけて製造させていたのは、同じ人間から依頼を受けた。と言った下りは、ウルトラセブンらしさをほんの少し演出していたが、子供だましの域を越えるものではなかく、非常に残念であった。今回のような話だと、騙された市民(騙されたとは思わず今金が入ればそれでいいと考える市民)の自分本位の考えに「何故自分はここまでしてお前等を守らなければいけないのか?」を思い悩むようなシーンを入れてほしいところ、異星人には「宇宙人同士、うまくやろうじゃないか」などと
持ちかけて戦意を喪失させるような話術も欲しかったな。セブンにも言えるところだが、作風は薄暗い感がでているのだが、異星人は明るい(性格)し、市民は軽薄で、作品の厚みというか奥深さが欠落していると強く感じた。

-----------------
sent from W-ZERO3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火)

akkiのアニメ5分間トーク「今週のバンブーブレード」

昨日は痛いアニメについてつらつら書きつづりましたが、こちらも裏の方では若干繋がりがあるが、前進的に感じる作品に仕上がってきました。初めはありがちな展開でやや飽きがきそうな辛い場面もあったのですが、いやいや主人公だけ置いてけぼりでサブキャラの個性が光り出し、個人的に好みな方向性にかわってきました。剣道部という組織と戦隊物を掛け合わせることで偽の正義感を作りだし、私利私欲の野望を企てる悪の先生のドラマ。。。いやーはっきりしすぎてベタベタなところはありますが笑っちゃいます。その中で、二面性を持つ”みやみや”を無事更正させた今回の嫌みないシナリオは好感が持てました。人をいかにその気にさせるようにマイン
ドコントロールする能力!悪の総統には必須項目ですね(笑)。
こういう作品は是非深夜枠からはすくい上げたいものです。

-----------------
sent from W-ZERO3

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月22日 (月)

akkiのアニメ昼休みトーク「ちょっと気になる痛いアニメ」

今秋のアニメを一通りみて、ちょっと最近気になってきたこと。
「アニメが子供に夢を与えるというより社会風刺みたいなものになってきた」
ということ。
スクールディズ、ひぐらしの中に、こどものじかん、しおんの王
はその代表的なものかと思う。
中でもスクールディズは最終話、こどものじかんに関しては初回から放送禁止になるという前代未聞の事態だ。4作品に共通しているのは、殺人、いじめ、誘拐といったまさに現代を揺るがしている事件を身近な世界で演出しているということ。それもアニメとはいえかなりリアルで、その中で活躍するキャラクター達には希望というものより、痛み、恐怖といったマイナスイメージが付きまとっている。これも時代の変化なのかとも思うが複雑な気分だ。
 私の学生時代1980年代前後でも人殺しアニメは無くはなかったが、その対象は国家、異星人、悪の集団とか組織的、SF的なものがほとんどだったと記憶している。
 そうそう、先週のNHKで放送していた電脳コイルも終盤になり、イサコの学園内での集団いじめが発生している。それも大人が計画的に行っているということで、背筋がぞっとした。単に電脳SFアニメだと思っていたらとんでもないことになってきた。

-----------------
sent from W-ZERO3

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月19日 (金)

akkiのアニメ5分間トーク「こどものじかん #01 なかよしのいっぽ」

BIGLOBEのストリーミングで視聴したけど、噂通りの伏字Pありまくり。コミック持ってる人は補完できるけど、この隠し方は作品を台無しにしてますね。

正直、もえたんのように悪い方向に暴走しているのかと想像していたのですが、見てみると至極まっとうに作っていることに感心しました。今回は前任の先生のパワハラによる宇佐 美々の不登校に対して、前任の先生へ制裁を下した九重 りんの本当の気持ちが良く描かれていたと思いますし、青木新任先生の宇佐 美々の対応の仕方も丁寧でしたね。あちこちで放送禁止は残念な限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

akkiのアニメ5分間トーク「DC2第一話、他」

DC2
 まぁ可もなく不可もなくキャラ紹介がなされており及第点かな。前作を知らないと桜の木のこととか、手品のように和菓子が手のひらから出てくるとか意味不明ではありますが、そんなこと気にしなくてもいい感じの普通の学園恋愛アニメって出来でした。

もやしもん第二話
 酒の密造に巻き込まれ主犯の先輩に拉致られる2人。菌が見えるってことは金が見えるってことになるらしく、3億円の価値があるとかなんとか。。。なんだかおもしろい展開になるのか?

-----------------
sent from W-ZERO3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月18日 (木)

ひだまりスケッチ特別編は今夜ですよ!

ひだまりスケッチ特別編 BS-i 10/18 24:30-25:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりにクラクション鳴らした

通勤時、いつもの国道に出る丁字路の交差点で右折待ち。もちろん右折車線などなく、まいど国道が詰まっていてなかなか青信号でもでられないのだが、自分一台何とか入れる余裕があったので進入(ここで信号が黄色に)したら、なにやら右側面に不穏な動き、、、気がつけばなんと同時に後ろの車が俺を右から抜いて、俺の右に平行して進入してきたではないですか!レースで言えばシケインでいきなりインをつかれた感じ。いやーびっくりしましたよ。こういうとき普通左側面に潜り込んでくることは想定内なんですがねぇ。流石にムカついたので、クラクション鳴らしたわけですが、まったくエスティマの親父なに考えてるんだか。いい歳こいて信号一つ待て
ないんですかねぇ。
しっかりナンバーは写真に撮ったので次はこいつのそばには近づかないように気をつけよう。

-----------------
sent from W-ZERO3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水)

Advanced/W-ZERO3 [es](WS011SH)のW-ZERO3メールの修正パッチが公開

SHARPのW-ZERO3サイトでW-ZERO3メールの修正パッチが公開されています。動作の安定性が向上したとのこと。早速インストールしましたが、いまのところ変わった感じがしませんが、良くなったのでしょう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亀田大毅 記者会見

いまニュース見てますが、酷いですね。未成年であるとしても「すみません」の一言もなしというのは親の教育ができていないことの証明ですよ。ふつう親が脇にいるのだから、力ずくでも頭を下げさせて言葉をはかせるのが常識。どうみても常識のない親だと思いますよ、それに、記者会見にネクタイくらいしろと小一時間問いつめたいです。
 とはいえ、これは演技なのか、本当に衰弱しているのか、もうしばらく様子見なんでしょうなぁ。

追記:しかし最近はどのニュース見ても、謝罪しているシーンが多いですね。相撲に続いてボクシングもか、、、世間を賑わす力を別な方向に使ってもらいたいものです。あー、明るい話が無いですねぇ。

 そうそう、親と言えば、近頃はほんの1km先程度の学校でさえも車で送り迎えが当たり前みたいですね、特に雨降ったときは最悪。通勤渋滞に通学渋滞ですよ、子供は歩かせろつーの、まったく過保護な世の中ですよね。(比例して変質者も増大して歩かせることも出来ないと言う罠もあるし、、、困った世の中であります。)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

akkiのアニメ5分間トーク「スケッチブック第三話」

スケッチブック第三話見直してみた。
 舞台はまだ夏真っ盛りで、お祭りと花火な極めて定番のお話。姉の天然おっとりな性格に無駄な心配をする弟君のショートショートですかね。しかしながら、姉を取り巻く友人達をみて、それなりに安心しちゃったわけですが、なんつーか嫌みなく自然な作品に仕上がっていて好感が持てます。弟君の「高校生ってあんまり頭よくないんだ」には、笑った。それから、クール宅急便のトラックに書いてある猫?が微妙に社長でした(笑い

-----------------
sent from W-ZERO3

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月16日 (火)

akkiのアニメ5分間トーク「バンブーブレード他」

バンブーブレード第三話
 個人的に単調だったバンブーですが、都のブラック化でちょっと面白くなってきました。中の人はクレイモア(クレア)の桑島さんですから演技には期待もてそうです。次週はブルーとの絡みもあるんですかね。
スケッチブック第三話
 今回も、完全にながら見です、なんか頭に残らないけどほんわかしてました。そーめんの話の落ちが、、、見直さないと(笑)
こはるびよりOVA
 これが放送できて、こどものじかんが放送できない理由が全く分からないですね、日本って不思議な国ですね。映像より文字が厳しいらしいですが、こどものじかんは。。。
プリズム・アーク第一話
 予備知識ゼロですが、魔法にメカやらなんでもあり、てんこ盛りのアニメ。内容が濃すぎてよくわかりません。さくらとなのはを足して2をかけたような作品。??
げんしけん2
 二作目の方が個人的には好み。二作目はコミケ参加ということで目的がはっきりしているので見やすいですね。ドージンワークとかコミケ系のアニメは他にもありますが、げんしけんはどういう展開になるのかなぁ、楽しみです。
みなみけ第二話
 一晩寝たら、どんな話なのか忘れた、、、そんな内容のない作品だったか?、、、うーん、そんなものなのかも(笑)

-----------------
sent from W-ZERO3

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月14日 (日)

Kenko製パソコン用充電バッテリ PC-#3003setを試す。その2

Kenko製パソコン用充電バッテリ PC-#3003setを試す。その2
付属のACアダプタは持ち運びには死ぬほどデカくて重いしケーブルが太すぎ。いい物はないかと探したら、ThinkPadのACアダプタがプラグもぴったりでちょうどいい感じだ。ただし出力が付属:16V3.75Aに対してThinkPadのは16V2.2A。。。結構熱くなってます。出先での緊急用かなぁ(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

zeroProxy使用してみた

【*RIKENのW-ZERO3を愛しむ毎日*】で紹介されていたzeroProxyを使用してみました。私の場合はVAIO-Uとアドエスです。設定についてはリンク先の紹介ページをいくつか廻ればだいたいわかると思います。少しはネットワークの知識は必要ですけど。

使用感は64K回線なのでストレスは溜まりますね。それにアドエス単体で使った方が事足りるという罠もあるわけですが、出先でインターネット回線が使用できない場所でさらにPCを使いたい場合は役に立つこともあるかもしれません。(あまりないかも)でも、大きい画面が欲しい時は重宝しそうです。

Zeroproxy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Kenko製 パソコン用充電式バッテリー PC-#3003setを試す。その1

先日、インターネット通販で、パソコン用充電式バッテリー PC-#3003set 税込み 67200円がなんと5250円だと言う情報を聞き、VAIO-Uの遠征用にもってこいなので早々に購入した。(あっという間に売り切れたらしい)大きさは幅233×奥行き169×高さ14mmで写真のとおりVAIO-Uにはかなりでかいが、わりと薄いのでバックに入れておけばまぁいいかと言う感じ。定格容量 : DC16V/19V(4.75A)ということですが、倉庫に眠っていたのでしょうからどの程度の持ちかは未知数です、明日以降ロングランテストを実施してみます。今夜はそっと充電中。(燃えないだろうなぁ、、、)

Pc3003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

AT-X music file「promo-X」#23~25は全てフルコ-ラスだ!

今週の「promo-X」は#23が放送中。個人的には

 茅原実里「君がくれたあの日」
 川澄綾子・能登麻美子「Scoop!」

の2曲がお気に入りで、「Scoop!」のプロモがフルで見れるのは最高の幸せ!(DVD買わなかったんですよ。。。)能登さん可愛いよ能登さん、だったのですが4曲で来たー!

 村田あゆみ「青空のファンタジア」
  (「この青空に約束を-~ようこそつぐみ寮へ~」EDテーマ)

なんとロケ地が銚子電鉄なんですよ!!!、ほっちゃんのDaysに続いて、またまた声優さんが銚子電鉄で歌ってます。今回はDaysではロケしなかった本銚子駅や犬吠駅が登場!アニメファンならず鉄道ファンも必見だと思いますよ!!!

あー、また銚子に行かないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金)

akkiのアニメ5分間トーク「クラナド第二話、もやしもん第一話」

akkiのアニメ5分間トーク「クラナド第二話、もやしもん第一話」
写真は朝の気分で、日記は空を見上げながら(笑)
クラナド:どうにもテンポがつかめないのと、前知識ゼロなのでキャラの区別が付かずイマイチ作品の世界に入り込めず苦戦中。メリハリのなさが最大の欠点だな。
もやしもん:まだ視聴途中で出てきちゃったけれど、キャラはハッキリしてるし、展開もわかりやすくx好印象。菌が見えるってそういうことか!目の付け所の良さに今後を期待したい。(個人的に生物系は大好きなのよね)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

アニメ「こどものじかん」が次々に放送中止に!

詳細は、こどものじかん公式ブログに掲載されていますが

テレ玉、三重テレビ、AT-Xと放送を中止。もしかすると千葉テレビ、KBS京都も危ないかもしれませんね。今後を見守りたいと思います。

しかしながら、この作品の表面だけを見て、過剰な反応をしているようで残念な限りですね、原作を読むと分かってくるのですが、主役の九重りんを取り巻く大人の事情が彼女の性格に多大な影響を及ぼしている、表向きは明るいが本音はかなり鬱なりんです。ネタバレになるので書きませんが、大人世界の犠牲者って感じです。こんなりんに体当たりでぶつかっていくちょっと頼りない新人先生とのラブ?ストーリーなのかな、今のところ。これからりんがどう成長していくのかが楽しみな作品であります。たしかにエロな描写もところどころにありますが、新人先生(青木大介)のうぶなところで、バランスをうまく保っているんですけどね。

しかしながら思うんですが、同じアニメでも”もえたん”にはなんで規制が入らないんでしょう?あっちはエロくないのでしょうか?そのほうが不思議でならないのですけどね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

akkiのアニメ5分間トーク「ネギま!?実写版第二話」

なんつーか、言葉がでません。明日菜と委員長の関係を説明するには間が長すぎるというか、忍耐が必要な回でした。視聴するにはかなり体力と精神力が必要になってきました。。。

-----------------
sent from W-ZERO3

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月10日 (水)

akkiのアニメ5分間トーク「キューティハニー第二話」

パンサークローという組織が若干ながらホームレスネットワークのおかげで明らかになってきました。しかし話の作りがおちゃらけていてどうも好きになれませんし、クラスメイトが死んでるのに悲しみのシーンがモーレツにカットされドライすぎる展開はどうかと思う。これも今の世のなせる技なのか!?痛すぎる作品だなぁ。もはや人はゲームの駒だと問うているのか?スクールディズよりある意味ひどいかも知れないと思うのは私だけだろうか?

-----------------
sent from W-ZERO3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

akkiのアニメ昼休みトーク「いろいろ」

1.バンブーブレード #2
 主人公のタマが精神的にちょっと幼稚なのが剣道家という設定からはちと気になるが、ストーリ展開も自然で楽しめた。一話より面白かったかな。視聴続行。
2.スケッチブック 〜full color's〜 #2
 まだ掴み所のないARIA的学園ドラマ。なんかひたすらながら見でコレといって印象に残らないけど、猫の観察は激しく同意。
3.ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- #1
 まだよく分からない。二話で謎の少女の招待が分かってくると面白くなるのかな?もう少し観察要。
4.しゅごキャラ! #1
 ノーマークだったがこの秋、唯一キュンときてしまった。子供向けの時間帯だが、話の目的がはっきりしているせいかメリハリがあって見ていて楽しくなる。
5.機動戦士ガンダム00 #1
 ガンダムじゃないと思って見るとそれなりに見れた。初めから成長したパイロットには興味ないなぁ。
6.みなみけ #1
 苺ましまろが成長したらこんな感じなんだろうなぁ。適応年齢外なのでノーコメント(笑)。キスシーンは結構笑えたね。
7.新獣神演武 -HERO TALES- #1
 神崎さんお勧めの作品。一話での掴みはOK。血のつながっていない妹にちょっとフラグが。。。いやいや、関係なく今後期待できそうな感じ。

-----------------
sent from W-ZERO3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

お買い物

お買い物
SP-DA320W(S)、ヨドバシ.コムのナイトバーゲンで見つけたので確保。しばらく前からデジタルコードレスが欲しかったんだけどFAXでコードレス子機2台ついて17800円10%ポイント還元は安かった。さて取り付けるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カマキリ

カマキリ
>朝、窓の外にカマキリが雨宿りしてました。
このメッセージには「手書きメール」が添付されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

秋の空とガラスルーフ

秋の空とガラスルーフ
気温もそう高くなく天気のいい日はデュアリスのガラスルーフを全開にすると気持ちいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

akkiのアニメ5分間トーク「ウルトラセブンX第一話」

アニメじゃないけど、ちょっとは期待していたセブン。しかしその実体は個人的にはめっちゃ期待はずれ。個人的感想をつらつらまとめてみる
①組織形態:ウルトラ警備隊のようなチームで行動するのではなく、互いをコードネームで呼び合い与えられたミッションは協力するが、その他は干渉しない乾いた関係。何とも味気ない。
②よく分からないCGの都市:まるで生活感がなく死んだような都市。巨大異星人が出現しても市民は気にも止めない。こんな世の中を守る必要性があるのか?でっかい疑問です。
③名前もない異星人:なんか集団で出てきたが、「おまえは何者だ?」と問う前に自らを名乗れよ!まったく場も読めない異星人に腹が立った。
④マトリックスのパクリは今時流行らない:ただただ唖然とした。
⑤外でロケしろよ:資金繰りの問題か?スタジオとCGでごまかしているため臨場感に欠ける。
⑥ゴテゴテの腕の端末はなに?:初代セブンの方が小型端末でビデオ付きだよ、二画面は分かるけどデカすぎ!雰囲気ぶちこわし。
⑦一般車両乗るなよ:子供にも見た目で分かる痛車仕様でなきゃやっぱり寂しいね。
⑧切れないアイスラッガー:意味ねぇ、必殺技にならないし何回も使うもんじゃねぇ。
⑨最悪のデザインの銃:ウルトラアイを渡した謎の女性の銃は許せるが、主人公のは何?あんなのコート着ないと携帯できないじゃん。
⑩暑苦しいロン毛:趣味アワネェ、清潔にしろ!(完全に主観)

まったくどこをとっても感動すら覚えない話でした。こんなのじゃぁ、セブンと異星人がちゃぶ台を囲んで哲学を語るなど期待できないのでしょうね、多分。

-----------------
sent from W-ZERO3

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月 6日 (土)

鳥の糞。。。(-_-)

鳥の糞。。。(-_-)
前に紹介したデュアリスのリアバンパーの浮きの修理のためディーラーで代車を借りました。今回はADバン。まぁこれはいいとして、左フロントドア内側に鳥の糞を発見。汚いのはある程度許すけど、鳥の糞はねぇ、一応客に貸し出すんだから最低限のモラルは守って欲しいよな。こう言うの続けられると店の品位がさがるのだが、、、今夜返却の際文句つけておかないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

まもるくんレッドに似合うテーマにしてみた

赤い装甲を得たアドエスですが、どうもテーマ色が装甲に似合わないので色々物色。こんな感じで落ち着きました。少々派手なくらいがちょうど良い感じです。

Img_0385

| | コメント (1) | トラックバック (0)

akkiのアニメ5分間トーク「ネギま!?実写版」

最近は特撮というかCGの技術が進歩したおかげで非現実感に違和感がなくなりましたねー。魔法物には最高の時代になりました。しかしアニメやマンガでもそうでしたが、キャラの区別がまだ出来ません。最終話までに覚えきれるのかが今後の最大の問題であることは確かですね(笑)
 作品の出来は、ネギがいきなり明日菜と同部屋だったり説明をぶっ飛ばしていますがネギま!?の知名度なら許せるのかな。まずは視聴続行です。

-----------------
sent from W-ZERO3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 3日 (水)

アドエス用ケース「まもるくん弾力モデル」プチレビュー

1.数カ所に成形時のバリがあるのは許す。
2.透明液晶カバーを持ち上げる際ロックがきついので無理すると本体からカバーごと外れたorz
3.フルキーボード使用時に液晶カバー分が出っ張り、最上段のキーが打ちづらい。これは辛いかも。
4.手に持った感じは、滑らずソフトで良好。とくに横位置でフルキーを使用する際グリップ感がでて最高なんだが液晶カバーだけが不満。構造上仕方がないか。残念。
5.液晶カバーの下端がデザイン上せり上がっているが、横位置でテキストを書く際、左端が見づらい。平たくならないものか、構造変更を望みたい。

※どうにも、この液晶カバーが癌。旧esのアルミケースのようなのがいいのだが。。。

-----------------
sent from W-ZERO3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

akkiのアニメ昼休みトーク「バンブーブレード第一話」

どこにでもある見飽きた展開に萎えた。目新しい展開が期待できないと見続けるのはしんどそうです。

-----------------
sent from W-ZERO3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

akkiのアニメ5分間トーク「キューティハニー実写版」

なによりもOP:ワイルド三人娘、ED:栗林みな実 OP:格好良く仕上がってますねーCD買っちゃおうかな。話は想像していたよりよい出来でしたがハニーがばかっぽ過ぎな設定はどうかと思いますね。体操着に悪役はイケメンとか腐男女子共々楽しめる番組なのかな。しかし流行なのか、バラバラ殺人に時代を感じました。血は赤いし、、、むーん。

-----------------
sent from W-ZERO3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 2日 (火)

まもるくん装着!

アドエスのケースについては色々悩みましたが、結局まもるくんにしました。とりあえずこれで傷を気にせず使用できます。色はお約束のシャァ専用カラーってことで(笑い

Img_0382

パッケージ

Img_0383

うーん黒のほうが良かったかなー?ちょっとメリハリが欲しいところ。

Img_0384

開いたところ。まぁこんなもんでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

akkiのアニメ5分間トーク「スケッチ第一話」

最近、各期に一つは入るまったり系アニメ。一話はコレといって見所なくキャラ紹介って感じか。一人一人は割と個性的とは感じるが作品の性質上か、個々のキャラはとがった感じもなく「このキャラにゾッコン!」とトキメクには至らなかった(笑)
 話中の「おなもみ」「ハンミョウ」最近見かけないですね。子供の頃、おなもみでよく遊んだなぁ。評価的には可もなく不可もなくと行ったところでしょうか。

-----------------
sent from W-ZERO3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月)

何故SONYのウォークマンなのか

巷ではipod全盛で、町で見かけるのもほとんどipod。だけど、SONYが他のポータブルオーディオ機器と明らかに違うのは本体のみならずヘッドホンにまで拘っているからです。いままで、パナ、東芝、Rio等のポータブルオーディオ機器を購入してきましたが、付属しているヘッドホンのチープなこと。。。購入後必ず、別途ヘッドホンを購入していました。ところがSONYのNW-S700シリーズが出てからは変わりましたね、最低でもMDR-EX85SLクラスというかまさにそのものが付いてくるんですよ。カタログ価格4980円!!こんなにコスト掛けているメーカってSONYしかないですよね。まぁ、ipodの音は聴いたことが有りませんので大きな口は叩けないですが、本体価格から考えれば、ipodより高いけど、納得がいくとは思いませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

akkiのアニメお昼休みトーク(笑)「最終話色々」

①精霊の守り人:感動的な最終話でした。結局バルサは一人行っちゃいましたね。もうそろそろ落ち着いてもいいのではないかと思うんだが。
②ラブコン:お約束のハッピーエンドでしょうか、卒業式のシーンはちょっとうるっときました。学園ものはこうでなくっちゃ。
③藍蘭島:結局、行人が家を出た理由が解決されず消化不良な最終話でした。妹の登場のさせ方は失敗ですね。
④怪物王女:フガフガ、、、ま、番外編でも許しますわ。
⑤スクールデイズ:原作を越えたスプラッターアニメとして歴史に汚点を残すでしょう。個人的にはWebラジオの最終回をどうするのかが楽しみ。
⑥グレンラガン:ど派手なラストでしたね。見る分にはすごいんですが、なぜか感動するまでに至らないのが不思議な作品でした。

-----------------
sent from W-ZERO3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »