« akkiのアニメ5分間トーク「今週の瀬戸の花嫁」 | トップページ | akkiのアニメ5分間トーク「今週のエルカザド」 »

2007年6月18日 (月)

日産デュアリス試乗その2

先週、デュアリスの20Sを試乗したわけですが、やっぱり上級グレードも試乗して見たくなり担当の営業さんに無理を言って20G-FOURの試乗車を借りてきて貰った。外観的には17インチのアルミホイールが20Sにはないスタイリッシュさを演出している。なんか一目惚れしちゃいそう(笑)

 早速乗り込むとSグレードとシートの質がかなり違う。20Sは硬めでシート面が割とフラットに感じたが、20Gは少々シートの名内側が20Sより柔らかく立体感(凹凸がある)がある。個人的には20Sのシートの方が好みであった。(15分程度の試乗のため慣れてくると気持ちは変わるかも知れないが)しかし20Gのシートが駄目なわけでなく適度なホールド感があり好感はもてた。こればかりは長距離走ってみないと分からない物だろうと思う。

 さて、エンジンをかけようとするもインテリジェントキーなためハンドル脇にキー穴がない。そのかわりガスコンロのようなロータリースィッチがありインテリジェントキーを携帯していればこのスィッチを押して回すとエンジンに火が入るわけだ。うーん押して回すのはどうもガスコンロ感が抜けない。トヨタプリウスみたいなプッシュボタンにしてほしかった。(笑)

 気に入ったのはアイドリング時の静かさだ。エンジンをかけていることを忘れるほど静かで低速で走り出すとまるで電気自動車のような感覚だ。走行中もこの恩恵かロードノイズも気にならないレベルだった。特に高周波ノイズが良く押さえられている様に感じた。今回は17インチで扁平率も高いため乗り心地やロードノイズが気になるかと思ったが意外に17インチのほうが静かで乗り心地も良く個人的には17インチの方が好みだった。

 20Gの特権の広大なガラスルーフだが、ちょうど電動遮光スクリーンのレール部の膨らみがドライバーの頭上に来てしまうため20Sよりその部分のみ車内高が数センチ低くなってしまう。筆者の身長は180cmでこの部分が非常に気になっていた。たしかに20Sより窮屈感は否め無いが、走り出してしまうと第一印象ほど気にはならなくなった。また遮光スクリーンを全開してしまえばガラスルーフまでのクリアランスがプラスされ多少頭上に余裕ができることも分かった。各種レビューや口コミでガラスルーフはドライバーには恩恵がないと書く方もおられるが、ちょっとした信号待ちなどで背伸びをすると空がどかーんと見えるのは気持ちがよかった。試乗中は天候も良く直射日光にさらされて多少頭部に暖かさを感じたが、めちゃくちゃ熱くて運転に支障がでるほどの物ではなかった。個人的にはこのガラスルーフは有りだと思う。

 20Sの試乗車にはメーカーオプションのHDDナビが搭載されていた、視認性がよいとのことだがこの取って付けたようなデザインは最悪。場所的にはエクストレイルのセンターメータと同位置に取り付けられていると言って良いと思うが見やすそうでエクストレイルのセンターメータ同様強いて見やすい位置と言うほどではなかった。結局ナビ画面を見るためには視線移動が必要でどちらかと言えばセンターメータとしてビルトインナビをハンドル前に持ってくる方が良いのではないかと思うのだがどうだろうか?

 ところで。このメーカオプションナビはスカイラインと同等の物で、カーウィングス対応はもちろん、CFカードに記録したWMA、MP3が再生できるのはうれしい。ただどこを読んでもCDーRに記録したWMA、MP3に対応したと書いていないしCFに記録したWMA、MP3の対応ビットレートも不明で詳細仕様が知りたいところ。ググっても見つからないのは使い込んでいる人が少ないのだろうか?

 メーカオプションナビ以外にもディーラオプションナビも充実している。この場合取り付け位置はエアコン吹き出し口下に取り付けとなり視認性は更に悪い方向となると思われる。ただし音声ガイドを頼ればあまり気にならないのではないかと思うのは私だけか?個人的に目を引いたのが三洋製のHS−507A。上位機種のHS-707D-Aに比べて12セグの地デジチューナとWVGA高精細液晶が無いことがマイナス面であがが、707と同じUSBインタフェースを持ち、パソコンソフトBERTJAMを介してPC上で管理したATRAC3音楽ファイルをナビへ転送することができるのだ。HDDナビを利用するとミュージックサーバ機能が魅力だが、いちいち車にCDを持っていって車内でシコシコナビに読み込ませるのは面倒ではないだろうか?私はこの機能は絶賛しても良いと思う。また707と507にはソニー製のネットワークウォークマンをUSBにて接続してウォークマン内の音楽データを再生することはもちろん、操作する事も可能と記述されている。ipod全盛の中、国産メーカに対応する姿勢は評価したい。はっきり言ってこの機能あればナビのHDDに曲をため込む必要すらなくなる。その他、USB端子にマスストレージクラス対応の機器(USBメモリやHDDも可能だろう)を接続してその中のWMA、MP3、AACファイルを再生可能。もちろんCDーR(W)に記録したWMA、MP3にも対応しており至れり尽くせりではないだろうか。

 あと、HS−507AにおいてはMDにも対応しており、最近となってはあまり使用頻度は無いかも知れないが、まだMDでライブラリを残している方にとっては魅力となることだろう。多分MDは2008年度には自然淘汰されるのではないか?買うなら今年かないかもしれない。筆者はたまにMDラジカセでラジオ番組を録音することがあるので再生できるのはうれしい機能である。

 DVD再生機能もDVDレコーダでDVDーRWに録画したVRフォーマットに対応しているのも面白い。ファイナライズする必要はあるが、DVDVIDEO形式にしなくても良いのは出勤時のビデオチェックに有効かも知れない(笑)
とまぁ、ディーラオプションナビも侮れないが、バックビューモニタ等カメラ機能がオプションだったり価格的には悩み所でもある。
 
 さて、乗って楽しそうだし、新型エクストレイルを待つか待たないかという悩みもあるが、待つと納期が厳しそうだし、、、下取り査定もどんどん下がるだろうし、色々複雑な週末でありました。

|

« akkiのアニメ5分間トーク「今週の瀬戸の花嫁」 | トップページ | akkiのアニメ5分間トーク「今週のエルカザド」 »

コメント

文字化けしてしまったようです。帰宅後デスクトップからメンテします

投稿: akki | 2007年6月18日 (月) 12時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158422/15474609

この記事へのトラックバック一覧です: 日産デュアリス試乗その2:

« akkiのアニメ5分間トーク「今週の瀬戸の花嫁」 | トップページ | akkiのアニメ5分間トーク「今週のエルカザド」 »