« animeacademyradio | トップページ | くじびきアンバランス »

2007年3月19日 (月)

京アニKanonが終わったー

先週最終回でしたね。最終話まで見て最初にやったことなんですが、東映版Kanonの最終話を見直しました。どれだけ違いが有ったのかなって。で、個人的にはそんなに違わないジャンと思ったわけで、結局あゆシナリオで終わり、名雪は、、、結果的にバッドエンドでした。なんか可愛そうになりますね、あんなに健気なのに、祐一はボクっ子一直線!!多少シナリオを変えて欲しかった気も有ったり無かったり。7年間眠り姫のあゆ。うーん”君望”パターンとでも言いましょうか、ただし名雪に浮気しなかった祐一は硬派なんですねぇ、あ、鈍いのかも??

京アニ版は 沢渡真琴 に思い入れがあるのか、かなり引っ張りましたよね。そのおかげか、本物の真琴姉さんが出てきたのはちょっとサプライズだったかも。

京アニ版で気に入ったお話は真琴シナリオですが、反面痛すぎて泣きました、二度と見たくないです(涙)  動物以外は助けるのかよ、、、うーん、本物の真琴姉さんがいるせいなんでしょうね、うまく考えたよなぁ。

|

« animeacademyradio | トップページ | くじびきアンバランス »

コメント

ぎゃびーーー!殆ど見ないで終わってしまったのデスヨ…(汗)

東映版は一部イベントをただ繋いで終わらせただけですが、
京アニ版はかなりゲームのマルチシナリオを
(オリジナルの解釈やイベント、細かい描写も入れて非常に丁寧だが)
全ヒロインとの殆どのイベントを繋いでいるので、
ちょっち主人公の(気が多い)行動に無理が出ていたり…
なので、あゆがヒロインで名雪はスルー?なのは
もう仕方ない気がしますね。

投稿: 神崎@冥途さんもーど | 2007年3月22日 (木) 04時38分

のだめちゃん、ほとんど見ていないようでは千秋とは一緒にいらませんねぇ>シュトレーゼマン
 Kanonはではこの町の不思議さというか、祐一にまつわる7年前から続くいわゆる怪奇現象に対してほとんど説明がないのがどうにも気になります。TVアニメとして世に流すには説明不足かな。ていうかマルチシナリオを1本に纏めるのはやっぱりキツいのでしょうね。

投稿: akki | 2007年3月22日 (木) 08時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158422/14319553

この記事へのトラックバック一覧です: 京アニKanonが終わったー:

« animeacademyradio | トップページ | くじびきアンバランス »